第10回 人生で一番影響を受けた作品

こんにちは、3期生の山田菜央です!!

文の初めに何を書こうかたくさん悩んだのですが何も面白いことが思いつかなかったので、今回は(今回も)真面目にテーマについて書こうと思います。


高校生の時に初めて舞台というものを観劇しました。
場所は東京で今は閉館されてしまった青山劇場です。

観劇した動機は、好きな役者さん目当てでした。
元々劇団には所属していて当時は劇団は辞めていたけれどまたお芝居をすると聞いてチケットを購入しました。

20180413211600f83.jpeg


『あたっくNo.1』。この作品が舞台化するのは初めてではなく、いまから10年以上前から何度も再演されている作品です。
しかし、どの年の公演も映像化して販売しないことを当日友人から教えてもらったので後でいくらでも読み返せるように劇場の物販で慌てて小説を買いました。

物語を簡単に説明すると大平洋戦争直前、極秘任務遂行中の潜水艦内で繰り広げられる潜水艦乗りのお話です。
舞台の幕が上がると、そこには私の知っている平成で演技をしている役者さんではなく、昭和を生き抜く軍人の姿が見えていました。

衝撃でした。
初めて嗚咽が漏れてしまうほど泣きました。舞台の幕が閉じても帰るために渋谷駅に向かう時にも泣いていたと思います。

命の尊さ、仲間の大切さについて大変考えさせられるお話です。どの場面を思い出しても泣けます。
あまり多く語るとネタバレになってしまうのでやめますが、今の平和な時代だったら戦争って、死ぬってどう考えても怖いですよね。

縁あって去年の夏頃また再演した『あたっくNo.1』を観に行くことが出来て、改めて深く心に響く作品であることを再確認しました。

今年すぐなのか数年後かはたまたもう再演しないのか分かりませんが、また潜水艦の中を覗くことが出来る日が来たら良いなと思います。
それまでは小説を読んで大号泣しながら待ちたいです。
スポンサーサイト

第9回 人生で1番影響を受けた作品

こんにちは!
3期生木下 亜弥です。

とうとう就活が解禁されましたね。
大学に入ってあっという間に時が過ぎ、来年からは社会人になるんですね。
来年の春、笑顔でスタートをきれるように今を精一杯頑張ります。

それでは、本題に入ります。
私が人生で一番影響を受けた作品は映画「しあわせの隠れ場所」です。



この作品を始めて観たのは、中学生の頃だったと思います。
観終わった後は、心がすっきりして幸せな気分になったのを覚えています。

あらすじは、アメリカンフットボール選手のマイケル・オアーの奇跡の実話を描いたものです。スラム街で生まれ、ホームレスのような過酷な生活を送っていた黒人の少年マイケル・オアーは、ある雨の日1人で道を歩いていました。そこにリー・アン達白人の家族が車で帰宅中に親切心から彼を家に泊め、それがきっかけとなり、マイケルを家族として受け入れることにしました。そのうちマイケルはアメフトの才能を開花させていくという話です。

笑いあり、涙ありの本当に素敵な話です。人間の本来の優しさがふんだんに描かれています。

また、マイケルの新しい母親になったリー・アンはとてもかっこいい女性です。血の繋がりがなくとも、本気でマイケルのことを考え、全力でぶつかる姿勢に、私は将来こういう母親でありたいと思いました。

私がこの映画から1番感じたこととして、人は生まれた環境や、肌の色で判断することは絶対にできないことです。偏見や差別は、現在も無くなってはいません。そのことについて改めて考えるきっかけになりました。

また最近、多くの人がありのままの自分で生きるために声を上げています。
とても素晴らしいことです。この声が全ての人に届くことを心から願います。全ての人が自分らしく生きることのできる世界になることを願います。


最後にもう一回、本当に素敵な映画です!
私は3回観て、3回とも泣きました。(ただ涙もろいだけかもしれませんが、、)
たまには思いっきり泣いてすっきりしたい方へ、ありのまま思いっきり泣いてください!

それでは、次回の投稿をお楽しみに!

第8回 人生で一番影響を受けた作品

こんにちは。
3期生の堂口です。

小川君に続き更新が遅れてしまいすみませんでした。

前回小川君が名前について話していましたが、
偶然にも私も今回自分の名前に関連した話をさせていただきます。

私が選んだ作品は「千と千尋の神隠し」という作品です。
ほとんどの方がご存じだと思うこの作品を選んだきっかけを、まずお話しします。
普段映画をみたり本を読んだりする機会が少ない私はなかなか紹介する作品を見つけられずに悩んでいました。
しかし今月のおと金講師の有倉さんがご自身の名字について、読み方が珍しいとお話されました。
そこでふと昔からよく見ていた作品があったことを思い出しました。
それが「千と千尋の神隠し」です。

この作品をはじめて知ったときはすでに小学生になってからだったのですが、「自分と同じ名前が映画になってる!」と思ったのを覚えています。
そして学校で友達に「千と千尋だ」と言われるようになりました。

この作品は何度も見ていて、成長と共に視点が変わっていることを実感しました。
昔はカオナシがとても怖くて、特に苦団子を食べさせる場面は目を覆っていました。
それに加えて冒頭のトンネルを歩いているとき、千尋の母親が千尋に対してとても冷たい態度で、自分の母親は優しいのだと安心したのを覚えています。
この歳になるとカオナシはもう怖くないですが、千尋の母親が冷たいと感じるあの場面はいまだに苦手ですね。

当時周りの女の子は「○○か」や「○○な」など可愛らしくていかにも女の子らしい名前の子ばかりでした。
それに反して千尋という名前は男の子みたいであまり好きではなかったです。
しかしこの作品を見て、名前の大切さを知り「千尋」という自分の名前を好きになりました。
この作品が伝えたいこととは少し違っていますが、私は生きることの素晴らしさ以外にもたくさん学ぶことができました。
これからも勇気付けられたい時や落ち込んでいる時に見たいと思います。


(画像はAmazonより)


ここまで読んでくださりありがとうございました。
次の更新をお楽しみに!

堂口千尋

第7回 人生で一番影響を受けた作品

こんにちは!
3期生の小川剛史です!

諸事情で更新が遅くなりました、すみません・・・

この題材からフルネームで投稿する仕様になったことをさっき成田さんの投稿を読んで知りました笑
正直なところ自分の名前あんまり好きじゃないんですよねよく読み間違えられるので
読み方は「たけし」じゃないです、「つよし」です覚えていただけると幸いです笑

では、本題に入っていきたいと思います!
今回のテーマは「人生のなかで最も影響を受けた作品」ということで、僕はヒトやモノの影響を受けやすいタイプなのですが、その中でも特に影響を受けた本を紹介したいと思います。

その本はイギリスの宇宙物理学者であるスティーブン・ホーキング博士が書いた「宇宙への秘密の鍵」という本です。
81AZPW0eyaL.jpg

この本は僕が小学5年生くらいの頃に本好きの親戚のおばさんが面白いから是非読んでみてほしいと言われて読んだ本です。

この本のあらすじは少年が不思議な科学者と出会い、そこでスーパーコンピュータを紹介されます。そのスーパーコンピュータは宇宙空間への扉を開くことができる特別なコンピュータで、そのコンピュータを使って科学者の娘と一緒に書斎から宇宙に飛び出すというお話です。
まるでドラ〇もんのタイムマシンみたいな設定なんですけど、著者が宇宙博士の第一人者ともいえるスティーブン・ホーキング博士ということもあって、まるで自分が宇宙に吸い込まれたかのように宇宙を神秘的で壮大に表現されていて時間を忘れて熱中して読んだことを今でも覚えています。

この本がきっかけで僕は本好きになり、毎日本屋か近所の鶴舞図書館に籠って本を読むようになりました。

ただ、実はこの本は3部作で、3部作目を買い損ねて未だに買えてないんですよね…
せっかくの機会なので近いうちに買ってみようと思います!!

この本は分厚いですけど児童書で読みやすいので興味を持ってくださった方はぜひ読んでみてください!

最後まで読んでくださってありがとうございました!
次回もお楽しみに!!

第6回 人生で一番影響を受けた作品

皆さんこんにちは!
3期生の大橋佳昌です!


学校や街を歩けばスーツを着た就活生が活動しているのをよく見かけるようになりましたね。
そんな就活生を見かける度に今日何かセミナーなどあったかな?と不安になります…

しかし!

その不安を払拭するためについ先日ある企業のインターンシップに参加させていただきました。企業についての理解が深まったりその企業で働くイメージが掴むことができました。とても有意義な時間を凄くことができました。

前置きが少し長くなりましたね。では本題に入りましょう。


今回のテーマは「人生の中で最も影響を受けた作品」です。
僕にとってのそれは「レジリエンス」の鍛え方という書籍です。ある講座の講師の方が薦めてくれたことがキッカケで読みました。まず著者について驚きまして、なんと僕が住んでいる地域のすぐ隣が出身なんです!NHKにも放送された方が実はすぐ近くが出身でなんだか感激しました。
IMG_2025.jpg


この書籍を一言で説明すると、挫折した際にどうやって這い上がるか・逆境に打ち勝つにはどうしたらいいかを説明しています。この書籍の中で最も影響を受けた部分があって、それはつらい時に自分を励まし心の支えとなる人の存在であるサポーターについてです。人は度重なる挫折や逆境に打ち勝つには自分の力だけではどうやっても乗り越えることはできません。困った際に様々な面から自分を助けてくれるサポーターは何歳になっても必要不可欠です。

この書籍を読んでからはゼミの仕事や課題をやっていて困った際には周囲の人に相談してアドバイスを貰うなど助けてもらっています。また、僕は今までの人生の中で大きな挫折あまり経験したことがありません。しかしもう少し経てば選考が始まって何度も不採用通知を受け取るかもしれません。その度重なる挫折は必ず僕に無力感や絶望を与えると思います。そんな時に立ち直り次に進むためには励ましてくれる仲間が必要です。ただ、僕が一方的に助けてくれるだけでは真のサポーターとは言えないと思うので周囲の人が助けを求めている時は自分が励まして自分もサポーターになりたいと思いました。
プロフィール

中野ゼミ3期生

Author:中野ゼミ3期生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR