FC2ブログ

第9回 地元の良いところ

こんにちは、3期生の堂口千尋です。
今回のブログタイトルも最終回となりました。
今年の冬は暖冬で雪がほとんど降らずに終わりそうですね。少し残念な気持ちです。
年末年始は北陸にある地元に帰省しましたが、晴天が多くて驚きました。

さて、今回は地元についてご紹介していきたいと思います。

私の出身は石川県加賀市です。
同じ県の金沢市は2015年に北陸新幹線が開通し、観光名所が多いので有名ですよね。
色々な場で石川から来たと言うと、基本的に「金沢?」と聞き返されるほどです。
しかし、私の地元は新幹線がまだ開通していないですし、金沢から離れた(むしろ福井県に近い)石川県の最南端に位置しているので、少し複雑な心境になります。

なので、ここで加賀市の良い所を知って頂けたら嬉しいと思います。

加賀市というと、一番有名なのが「温泉」です。
市内には山代温泉、山中温泉、片山津温泉といった三つの温泉街があり、それを総称して加賀温泉郷と言うそうです。
山代温泉は魯山人や明智光秀が訪れるほどの名湯と呼ばれており、山中温泉は松尾芭蕉が異例の八泊九日をしたという温泉で、片山津温泉は中谷宇吉郎のふるさとでもあり、また夏には柴山潟の花火大会を鑑賞することが出来ます。
それぞれで違う魅力があるので、そこを楽しむのもいいと思います。

1412140101_TP_V4.jpg


ちなみに私がおすすめしたいのは片山津にある「中谷宇吉郎 雪の科学館」です。
中谷宇吉郎博士は世界で初めて人工雪を作ることに成功した博士です。
温度と水蒸気量の値を変えれば結晶の形が違うということを発見し「雪は天から送られた手紙である」という言葉を残しました。

小学校の頃に雪の科学館に行った時には人工雪の実験をしたり、氷の性質を利用し金属の型でいろいろな氷を作ったりしたという思い出があります。
同じ場所でも年齢が違えば昔の頃とはまた違った視点で楽しめると思っているので、次地元に帰る時に訪れようかなと思っています。

拙い文章でしたが、ここまで読んで下さりありがとうございました。
少しでも石川県加賀市って良い所があるんだと思ってくだされば幸いです。

スポンサーサイト



第7回 地元の良いところ

こんにちは、3期生 木下亜弥です。
あっという間に年が明けてから1ヶ月が過ぎようとしています。
残り2ヶ月で大学生活も終わり、社会人になるので、時間の使い方を大切にしたいと思います!

さて、今回のテーマ「地元の良いところ」。私の出身は富山県富山市です。大学1年生の始め、友達から「富山って何があるの?」という質問に悩まされたのも懐かしい記憶です。(笑)

私が高校生の頃、放課後に友達と訪れていた、「富山県富岩運河環水公園」を紹介したいと思います。

20190131183329168.jpeg


こちらは夜の景色の写真で、年中ライトアップされています。春は桜が咲き、夏は花火が打ち上げられ、秋には紅葉、冬は雪景色が観れるので、一年中楽しめる場所です。

昼間は青々した芝生と澄んだ空気でとても気持ちが良いです。


そして、ここは富山県民の誇りある場所となっています。
その訳は、「世界一美しいスターバックス」と称される店舗が公園内にあるからです。

20190131183600cf9.png

スターバックスコーヒー ジャパンの公式ホームページより

とは言っても、2008年のストアデザインアワードで最優秀賞を受賞ということなので、過去の話ですが、富山県民は今も世界一の称号に酔いしれています!(笑)

テラス席でコーヒーを飲みながら、環水公園の景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

読んでいただき、ありがとうございました!

第5回 地元の良いところ

あけましておめでとうございます。安藤です。
新年一発目のゼミも終わり、学生生活も残り少なくなってきたことを実感しました。

さて、私の地元は、愛知学院大学名城公園キャンパスがある愛知県名古屋市です。
みんな毎日のように通学しているので今更紹介する必要もないかと思います。
そこで今回は今私がいちばん行ってみたい名古屋のスポットを紹介しようと思います。

私が行ってみたい名古屋のスポットは、
「レゴランド」です!!

関東にはディズニーリゾート、関西にはUSJがありましたが、遂に名古屋にもレゴランドというテーマパークができて本当にうれしいです。

しかしまだ行ったことがないので卒業までには行ってみたいと考えています。

20190114153458b9d.jpeg


この写真はレゴランドに行ったことがある友達から借りたものです。
写真を見てさらに行きたくなりました〜!

次の人の地元も楽しみですね!
お楽しみに〜

第3回 地元の良いところ


こんにちは、成田有芽香です。
師走に入りましたね。
師走のように、冬が焦ったのか、忙しなく寒くなった気がします。


さて、今回のブログテーマは「地元の良いところ」ということで、
私の住んでいるところはなんと「町」です。

東浦町という、ほとんどの人が頭に「?」を浮かべるような町です。
「帰ってくるとなんだかホッとする、ほどよいまち、東浦」
町のホームページに書いてありました。「ほどよいまち」っていう表現が絶妙にマッチします。

しかし意外に歴史が深いところがあり、今回はその歴史を少し(私もよく知らないので(笑))紹介します。
東浦町は「於大の方」の出生地として有名です。
「於大の方」とは戦国時代の武将であり、江戸幕府を開いた徳川家康の母親です。
「於大の方」に因んだ於大公園や於大の道などがあり、於大の道には私の大好きな図書館もあり、散歩コースにもなってます。
於大の夜着
於大の道「於大の方の夜着のモニュメント」


於大の道
於大の道「於大の方物語(左岸)」
右岸には東浦の歴史があるようなので、今度見て来ます!



それからもう1つ、図書館についても紹介させてください!
私がこよなく愛する「東浦町中央図書館」何が良いかと言いますと、内装が「大樹」をイメージしているところです!
(写真で紹介したかったのですが、写真を撮れるような雰囲気ではないので、実際に見に行ってみてください!)

最近は都立中央図書館(東京)や春日井図書館、岐阜市立中央図書館など、
遠方に行けば足を運ぶ図書館ですが、やはり愛着あるのは地元の図書館(笑)
メディア関連は種類が良くないですが、意外に図書に関しては品揃えが豊富です。

そうですね、一言物申すことがあるとしたら、東浦町は横にも縦にも長い町です。
農村が図書館へのアクセスに不自由もたらしているので、もう1つくらい新しい図書館がほしいです。

皆さんも是非、地元の図書館を愛してください!
小中規模の図書館が生き残るには地元の方の「利用」という愛が必要です!


今回地元のテーマで書いてみましたが、よく知らないことだらけ…
よく、地元のことなのに?と言われますが、地元だからこそ知らないことだらけなものです。
今回このブログを機に資料館に行っておけば、散歩に出かけていれば…と後悔先に立たずですね。
とりあえず、ブログ書き終わってから、行ってみます。

では、また次回お会いしましょう。

第2回 地元の良いところ


こんばんは
3期生の杉浦勝です。

最近は特に寒くなって来ましたね……
布団から出たくなくなりますよね……

そうです!冬の季節です!
この時期はやっぱりコタツが最高ですね
コタツに入ると温かくなってついつい寝てしまう……

結果的に……風邪を引く可能性が……
最近は急に冷えたりで、温度の変化が激しいので
皆さんも気をつけてくださいね!

さてさて!
今回のタイトルは「地元の良いところ」ですね!

私が住んでる愛知県半田市には何があるのか……

自分でも正直ぱっと思いつきません……

よく言われるのはお酢で有名なミツカンですね!

201812100110498f2.jpg


これはミツカンミュージアムの画像なんですが、改装してから少し行けてないのが残念なんですが、紹介しますね。


ここではミツカンの歴史などについての魅力を学ぶことができます!

何やら楽しめる体験ツアーもあるようです!

また、光の庭という所では体験コーナーが複数あるようで、中でもマイ味ぽんが作れます!

20181210012541ac9.jpg


これは味ぽんのラベルに写真撮影した自分の顔が貼れるというミツカンミュージアムに来た記念に良さそうですね!


ミツカンミュージアムは事前予約制なので、見に行く際には前もってネットから予約する事をお忘れなく♪


もう1つおすすめ出来るのはカフェテラスのシャンドールというお店です!
女性や甘い物が好きなら聞いたことはあると思います!

20181210013120f03.jpg


こちらで人気なのは季節のフルーツパフェですね!

特に有名なのは桃のパフェです!
パフェの下の層のアイスクリームは乗るフルーツによって変わりますので楽しみが増えますね!


20181210013937144.jpg


しかし!
有名が故に……待ち時間は必須……
開店1時間前に店の前に予約用の名簿が出されます

ぜひ興味のある方は行ってみて下さいね!



かなり薄い内容となってしまった気がしますが……
ここまで読んでくださってありがとうございます!


以上が地元の良いところの紹介でした!

次回もお楽しみに!
プロフィール

中野ゼミ3期生

Author:中野ゼミ3期生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR