FC2ブログ

第9回 ゼミに入って

こんにちは。3期生最後のブログ執筆者の大橋佳昌です。


遂に大学を卒業し社会人になります。今は就職予定の会社の研修の最中で、不安と期待が入り混じった複雑な心持ちです。


さて、今回は「ゼミに入って」というテーマですが、一言で言うとあらゆる面で成長出来たと思います。いえ、成長させてくれたと言った方が正しいのかもしれません。ゼミでは数多くの事を経験しました。時事問題や日頃の発表、おと金、そしてお遍路などなど、、、とにかく様々です。どれもこれも大変で、音を上げたくなる瞬間も沢山ありました。それでも諦めずやり抜く事で、大変な事を最後までやり抜いたという経験を得たり学びや気付きを得る事が出来ました。これら得たものは社会人として働く中で必ず活きると信じています。ゼミ活動で印象的だったものを2つ紹介します。

まず1つ目は、複数人でやるべき事や仕事を行う難しさです。個人で行う仕事(例えば時事問題の発表や卒論)はある意味楽です。何故なら、いつどこで何時にどのように行うかの裁量が自分に全て委ねられているからです。1人だと誰にも邪魔されることなく集中して取り組むことが可能です。また、もし失敗してもその責任は自分1人だけなので周りはそれ程迷惑を被ることもありません。一方で複数人つまりチームでの作業(例えば委員会の仕事や複数での発表)だと話は全く変わります。作業の分担や打ち合わせの日時の決定、細かい部分での微調整などやるべき事が一気に増えます。また、誰かの失敗はチーム全員の失敗と判断されるので責任重大です。責任重大だからこそ一切の妥協は許されないし何度もチェックしなければならないのでチームで行う難しさを学ぶことが出来ました。
2つ目は、組織を運営する経験です。今まで学校や部活でリーダーをした事がありません。にも関わらず3年生の冬にゼミ長を任されました。ゼミ長になってからゼミの取りまとめや周りへの気配りなど、やらなければならない事が急激に増えました。ゼミ生の頃は、深く考えなくても良かったものだったのに立場が変わったらそうでなくなったものが多いです。中でもゼミ生の進退を考えなければならずとても大変でした。ゼミ長というのは組織を運営する立場で
ゼミ生が積極的に参加出来るようにしなければなりません。そうする為にはどうすべきか連日考えたこともあります。今までリーダーをやってこなかった自分にとってはとても良い経験を得ることが出来ました。


ゼミで学んだ事を全て仕事に活かしきることが出来るよう全力で働きます。
長々と申し訳ありませんでした。以上、大橋でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中野ゼミ3期生

Author:中野ゼミ3期生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR