第2回 人生で一番影響を受けた作品

立冬も過ぎ、朝夕の冷え込みが増えてきました。
いかがお過ごしでしょうか、3期生の福井晶那です。
今年も残り2ヵ月を切りました。体調管理に気を付け、後悔のないように過ごしたいと思います。


私が『人生で一番影響を受けた作品』は、日本画家・堀文子さんの、『ブルーポピー』という作品です。

私がこの作品に出会ったのは中学三年生の時です。中学生は、最も多感であり、自身も未熟であったことから、とても悩みの多い時期でありました。
その時期の私に前を向く力を与えてくれた事と、作品との出会いが現在にも繋がっている事からこの作品を選びました。

美術のレポートを書くための作品を探していた時に『ブルーポピー』に出会いました。
青い芥子の花を描いた作品に、一気に引き込まれました。私にとって芥子の花は、家の近くを歩いた時に見る橙色の花という印象でした。
青色という驚きと、美しさに惹き付けられるとともに、力強さを感じました。

堀文子さんは、80歳を超えてから、「幻の花」ブルーポピーを求めヒマラヤ山脈に訪れたそうです。そして、白寿を迎えられた今も、新たな作品を作り続けていらっしゃいます。

私が感じた力強さは、挑戦を続ける堀文子さんの生き方からであったのだろうと思います。

当時書いた美術のレポートを教科担当の先生に評価していただき、丁度その時に開かれていた堀文子さんの個展を紹介していただきました。

自らが興味を持って個展へ行くことは初めてだったので、初めて大好きな絵の実物を見た時の感動は今でも忘れません。受験前の焦りや思春期の葛藤から心に余裕が無く、自分の視野が狭くなっていることに気付かされました。

大学へ入学し、一人暮らしを始めたことがきっかけで、美術館へ行くことがより身近なこととなりました。時間などの面から制限はありますが、今では情報を集めることが一つの趣味となっています。そして、実際に訪れる事をとても幸せに感じます。

今年の春に開かれた堀文子さんの個展に行ってまいりました。


初めて見た時から5年以上が経っていましたが、思い出すことが沢山あり、ゆっくりと見てまわりました。当時とは違う発見もあり、振り返ると、流れた時間の分だけたくさんの経験が出来ているのかなと思いました。


私をずっと支えてくれている作品であり、出会えて本当に良かったと思います。


読んでいただきありがとうございました!

第1回 人生で一番影響を受けた作品

こんにちは。成田こと、成田有芽香です。
今回からフルネームを名乗ることになりました。
5巡目にして遅すぎる挨拶ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

さて、初めてのトップバッターです。
私の記事の内容によってこのあとのゼミ生の内容も変わってくると思うとドキドキしてしまいます。
そんな、今回のテーマは『人生の中で1番影響を受けた作品』です。
作品といっても種類は決めずに、本や映画、絵画などジャンルは様々で書いていこうという話になりました。
なので、これから私を含めて10回、ゼミ生によって多種多様に影響を受けた作品が紹介されていくと思います。
そして、今回私は"本"で記事を書いていこうと思います。

私が本の中で影響を受けた作品は
小学生の頃に読んだ『ダレン・シャン』
高校生の時に読んだ『ハリー・ポッターシリーズ』
になると思います。(実は一番影響を受けた作品がないので、曖昧です。)

作品の内容が直接私に影響を与えたわけではありませんが、
これらの作品たちは私に"本を好きになる"きっかけをくれました。
そして、同時に地元の図書館を好きになり、その図書館で司書という憧れの職業を見つけ出すきっかけにもなりました。

その本を読むために休日や学校終わりに図書館に立ち寄り、閉館時間まで読みふけっていたのは今でも良い思い出です。
高校生の時もテスト勉強の合間を縫って『ハリー・ポッター』を読んでいた時もありました。(むしろそっちがメインだったりします…)今でも地元の図書館では児童書のコーナーから昔よく借りていた本を見つけては読んだりしています。(『エルマーのぼうけん』や『はだしのゲン』など)

児童書から始まった私の本を読む習慣や物語が好きという長所は、まぎれもなく今の私の生きる糧となり、人生の中でかけがえのないものになっています。もともとこのゼミに入ったのも「本を読める」が一番の理由でした。
本から生まれてくる無限の想像はいつでも私を幼いころに戻してくれます。
色々なことに喜怒哀楽して、色々なことに共感して、色々なことに興味を持った小さいころみたいに新鮮な日々を過ごすためにも、
「初心忘るべからず」ならぬ「童心忘れるべからず」で過ごしていきたいと思います。

image2.jpeg

現在の私の棚。(何冊か出張中)
卒業までにはこの棚の中に「一番影響を受けた作品」が入っていることを期待していてください!
以上成田でした。
今後紹介されるゼミ生の「一番影響を受けた作品」に注目です!


第10回 もう一度訪れたい場所

こんにちは、3期生の堂口です。

最近冷えこんできて、こたつが恋しい季節となりましたね。
早いもので今回のテーマもこの記事でラストです。
この前新しいテーマになったと思いきやもうラストとは…
はやいですね。

さて、今回のテーマはもう一度訪れたい場所。
沢山思い浮かんのですが、長崎県にします。

訪れたのは、高校の修学旅行でした。
3泊4日の旅行で長崎以外にも九州の県に行ったのですが、一番思い出に残っているのが長崎なので、長崎を選びました。

修学旅行へ行ったのは2年の秋で、長崎の日は自分たちでルートを決めて観光するというものでした。
2年になってから半年経ってからの修学旅行ですが、まだ打ち解けられてない友達もいたのでとても心配だったのを覚えています。

しかし、この修学旅行の間に二人きりで行動することも多く、打ち解けることができました。
今でも大切な友達です。

長崎観光の中で一番印象的だったのは、やはり夜景です。
中学の修学旅行では神戸の夜景を見て感動したのですが、それ以上の輝きで、とても綺麗でした。



上は朝の風景の写真です。(夜景の写真が見つけられませんでした…)



色々な食べ物をたべたのですが、特に好きなのは角煮まんと長崎ちゃんぽんです。
中華街で食べた長崎ちゃんぽんの写真があったので載せておきます。






最後に食べ物の話になってしまいましたが、結論は長崎の夜景をもう一度生で見たいということです。

短いですが、これで締めたいと思います。

次のテーマはまだ決まってませんが、次回も楽しみにしていてください。

堂口でした。

第9回 もう一度訪れたい場所

こんにちは!佐々木です!
最近日本が寒くなった理由知ってますか?
松岡修造さんが世界体操でカナダに行っちゃったからなんですよ!
内村選手の棄権には残念でしたが、白井選手に無言で背中を叩いたのはめっちゃ熱いものを感じました!

余談が長くなりそうなので本題の「もう一度訪れたい場所」について話していきます!
僕が訪れたいのはスペインのサンティアゴ巡礼です!


その大きな理由は英語です!
自分は中学の初めから英語が苦手で高校の時はスポースコースで英語も全然勉強しませんでした。そのツケが今回の巡礼できました。
今年の6月からECCに通っているのですがそんな短時間ではもちろんのこと話せるようにはなりません。
色んな人と出会いましたが自分の気持ちが上手に伝えられないのが悔しくてたまらなかったです。。
又ゼミで歩くことを知り、全然趣味でもなんでもないのに歩きたいと思ってしまいます。
次訪れる時は英語をたくさん話し、色んな人と色んな話ができるようにしたいです!!!

サンティアゴ巡礼した時の写真などをインスタでアップしていたので、良かったら見てください!

http://instagram.com/s.shunsuke1996

第8回 もう一度訪れたい場所

こんにちは!山田です。
夏休みが明け授業が始まり、久しぶりの90分講義がちょっぴりつらいですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、私のもう1度訪れたい場所は御前崎です。
あんまり馴染みのない地名かもしれませんが静岡にある岬のことです。



昔の携帯から引っ張ってきた画像なので全部画質が… ご容赦ください。


御前崎へは大学1年生の頃に友達の車で連れて行ってもらいました。私が免許を取ったのは2年生の頃だったので1年生の頃は同級生が車を運転しているのがなんだか不思議な感覚だったのを覚えています。

海や市場も楽しみでしたがメインは「がっこーにいこう!」でした。皆さん知ってますか?あの某番組名ではないです。がっこー「に」いこう!です。

なんと小学校のような机や雰囲気の中で給食を食べられるお店なのです!
地域差はあると思いますが懐かしい教科書たちも置いてあったり、、。『明るい声で』すっごく懐かしい!
食器とかは通っていた学校と違ったけれど、いまの年齢であの机で給食が食べられるのは最高でした〜。





長い時間かけて行きも帰りも運転してくれた友達には感謝です。
皆さんもぜひ行ってほしいです!あわよくば私のことも連れて行ってください。(笑)

次回の更新は佐々木くんです!お楽しみに。
プロフィール

中野ゼミ3期生

Author:中野ゼミ3期生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR