スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 人生で一番影響を受けた作品

最近すっごく寒くなりましたね!
お陰で夜温かい布団で寝るのが楽しみになってきている杉浦勝です!

もうすぐで今年も終わりですね……
長かったようで短く感じる1年でした!!
しかし!
短く感じるのはそれだけ集中したり、忙しかったり、楽しかったりと充実していた証拠ですね♪

あいかわらず失敗ばかりの自分ですが、その分学ぶこともたくさんありました!!

失敗して怒られるそれはごく当たり前になってきているのかも知れませんが、それは今自分が大学生だからこそ怒られるだけで済んでいることなんですよね……

社会に出てちょっとしたミスや失敗が人の死に繋がる場合があります。それは「ごめんなさい」で済ませてはいけないとっても恐ろしいことなんですよね……

そうならない為に!
失敗して!怒られて!次はどう失敗しないようにするか!次につなげる行動が大切なんですよね!

↑バイト先のベテランさんのお言葉をお借りました!

これは自分が一番胸にささった言葉であったので紹介したいと思いました。

さてさて!
前置きが長くなってしまいましたが、今回のテーマ「人生で一番影響を受けた作品」ということですね!

正直悩みましたね……
しかし!
ありました!

それは……



この!
【リーダーシップからフォロワーシップへ】です!

この本は7月のはじめにおと金の講師の方にオススメして頂いた本です!

自分の家の自営業について悩んでおり、思い切って相談して見ると自分と向き合って真剣に相談に乗って頂いたこととっても嬉しかったです!
ありがとうございました!

この時に自営業を自分が継いだ時最終的には社長に登りつめたい……でも父親のような人を引っ張れるようなリーダーシップを持っていない...

自分にとってリーダーシップが欠けてはいけないと思っていたので、この本には驚かされました。

この本のおかげで、リーダーシップがすべてではないことや違う見方をすることを講師の方とこの本に教えていただきました!

引っ張るだけがすべてではなく、支えることや背中を押すことも大切であることを感じた気がします!

と言ってもまだこの本をしっかり読み込めた訳では無いのでもっと理解を深めて行きたいと思います。

自分にはまだまだ学ぶことや経験を積まなきゃいけないことが山ほどあります……

すべての経験は自分の体の一部です!
どんな人からも!どんな場所からでも!
学べることはたくさんあると思っています。

どんどん吸収してでっかい男になりたいです!!

ついつい書きたいことを書いてたら長くなっちゃいましたw

話があっちこっち行ってますが!
ここまで読んでいただき
ありがとうございました!

寒くなっているので体調管理に気をつけて年を越して下さいね♪

第4回 人生で一番影響を受けた作品

3期生の佐々木駿介です!
毎回内容より冒頭に悩みます。
今回は内容が長くなりそうなので冒頭はWhoだけで。。

今回は人生で一番影響を受けた作品というとこで、このテーマに決まった時からこれしかないというものがあります!
中野ゼミ生の前では少しお話ししたと思うので、バレているかもしれませんが…

大学生になってから3年になるまで楽しみながらも薄っぺらい人生を歩んでいました。
大学生は自由でやりたくない事はやらない、取り敢えずは単位を適当に取っとけばいいかって感じの生活をしていました。
このゼミに入って多少考えが変わっている中、3年に上がる春休みの時にその作品は出会いました。
自分はその作品を見てから好きな事はもちろん、めんどくさい事,嫌な事,行く気もない誘い全てにおいての返事を”YES”で答えてきました。
そっから何が一番変わったかというと人脈が増えたと思います。人脈が増えることにより自分に入ってくるどんな情報も増えてきます。
情報が増えることにより知識が増えたり、共通が見つかることにより楽しい人生になります。
具体的な例というのはなく、小さな積み重ねが大きな経験に変わっています。

なぜこの何でもかんでも”YES”というものに力があるのか、少しだけ説明させていただきます。
もし嫌なことに対して”NO”と断ったらそこで考えるのは終わり、それを繰り返すことで一生誘ってもらえなくなるかもしれません。ですが”YES”と答えることで嫌な事をどう乗り切るか考え、それが力になるかもしれません。もしかすると嫌と思ってるだけで思ったより好みだったりする可能性だって!(詳しい内容知りたい方はyoutubeにもその説明動画などあるのでそちらで…)

自分はこの作品にとても影響を受けて変わりました!今は自分で考えられる力も少しづつ付いてきているので何でもかんでも”YES”では答えていませんが。笑

これで話す事は話したので作品名だけ載っけて終わりますね。

「イエスマン “YES”は人生のパスワード」

第3回 人生で一番影響を受けた作品

更新遅くなりすみません。
安藤利奈です。

もう今年もあと1ヶ月切りました。早いです…
ゼミ合宿を始め、ゼミ活動で充実していた1年だったと思います。

さて、今回のテーマである「人生で一番影響を受けた作品」ですが、正直私はまだ出会えてないかと思っています。
なので今回は強いて言うならというものをブログに書いていきたいと思います。

わたしが影響を受けた作品は、
Les Misérablesです。
もともとは小説ですが、ミュージカルが有名で、私は映画の方を見ました。

今まで洋画を見たことがなく、あまり乗り気ではありませんでしたが、曲や世界観が素敵で魅了され、見た後も余韻に浸っていました。
それくらい心を打たれた作品だったのかなと改めて思い、紹介させていただきました。



これは、映画の中に使われていた曲のCDです。


これから、絶対にこれ!と言えるような作品に出会えたらいいと思いました。

中野ゼミ3期生トップ2のあとでしたので、内容が薄く見えますがこれで終わりたいと思います。次回にご期待ください!!

読んでいただきありがとうございました。

第2回 人生で一番影響を受けた作品

立冬も過ぎ、朝夕の冷え込みが増えてきました。
いかがお過ごしでしょうか、3期生の福井晶那です。
今年も残り2ヵ月を切りました。体調管理に気を付け、後悔のないように過ごしたいと思います。


私が『人生で一番影響を受けた作品』は、日本画家・堀文子さんの、『ブルーポピー』という作品です。

私がこの作品に出会ったのは中学三年生の時です。中学生は、最も多感であり、自身も未熟であったことから、とても悩みの多い時期でありました。
その時期の私に前を向く力を与えてくれた事と、作品との出会いが現在にも繋がっている事からこの作品を選びました。

美術のレポートを書くための作品を探していた時に『ブルーポピー』に出会いました。
青い芥子の花を描いた作品に、一気に引き込まれました。私にとって芥子の花は、家の近くを歩いた時に見る橙色の花という印象でした。
青色という驚きと、美しさに惹き付けられるとともに、力強さを感じました。

堀文子さんは、80歳を超えてから、「幻の花」ブルーポピーを求めヒマラヤ山脈に訪れたそうです。そして、白寿を迎えられた今も、新たな作品を作り続けていらっしゃいます。

私が感じた力強さは、挑戦を続ける堀文子さんの生き方からであったのだろうと思います。

当時書いた美術のレポートを教科担当の先生に評価していただき、丁度その時に開かれていた堀文子さんの個展を紹介していただきました。

自らが興味を持って個展へ行くことは初めてだったので、初めて大好きな絵の実物を見た時の感動は今でも忘れません。受験前の焦りや思春期の葛藤から心に余裕が無く、自分の視野が狭くなっていることに気付かされました。

大学へ入学し、一人暮らしを始めたことがきっかけで、美術館へ行くことがより身近なこととなりました。時間などの面から制限はありますが、今では情報を集めることが一つの趣味となっています。そして、実際に訪れる事をとても幸せに感じます。

今年の春に開かれた堀文子さんの個展に行ってまいりました。


初めて見た時から5年以上が経っていましたが、思い出すことが沢山あり、ゆっくりと見てまわりました。当時とは違う発見もあり、振り返ると、流れた時間の分だけたくさんの経験が出来ているのかなと思いました。


私をずっと支えてくれている作品であり、出会えて本当に良かったと思います。


読んでいただきありがとうございました!

第1回 人生で一番影響を受けた作品

こんにちは。成田こと、成田有芽香です。
今回からフルネームを名乗ることになりました。
5巡目にして遅すぎる挨拶ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

さて、初めてのトップバッターです。
私の記事の内容によってこのあとのゼミ生の内容も変わってくると思うとドキドキしてしまいます。
そんな、今回のテーマは『人生の中で1番影響を受けた作品』です。
作品といっても種類は決めずに、本や映画、絵画などジャンルは様々で書いていこうという話になりました。
なので、これから私を含めて10回、ゼミ生によって多種多様に影響を受けた作品が紹介されていくと思います。
そして、今回私は"本"で記事を書いていこうと思います。

私が本の中で影響を受けた作品は
小学生の頃に読んだ『ダレン・シャン』
高校生の時に読んだ『ハリー・ポッターシリーズ』
になると思います。(実は一番影響を受けた作品がないので、曖昧です。)

作品の内容が直接私に影響を与えたわけではありませんが、
これらの作品たちは私に"本を好きになる"きっかけをくれました。
そして、同時に地元の図書館を好きになり、その図書館で司書という憧れの職業を見つけ出すきっかけにもなりました。

その本を読むために休日や学校終わりに図書館に立ち寄り、閉館時間まで読みふけっていたのは今でも良い思い出です。
高校生の時もテスト勉強の合間を縫って『ハリー・ポッター』を読んでいた時もありました。(むしろそっちがメインだったりします…)今でも地元の図書館では児童書のコーナーから昔よく借りていた本を見つけては読んだりしています。(『エルマーのぼうけん』や『はだしのゲン』など)

児童書から始まった私の本を読む習慣や物語が好きという長所は、まぎれもなく今の私の生きる糧となり、人生の中でかけがえのないものになっています。もともとこのゼミに入ったのも「本を読める」が一番の理由でした。
本から生まれてくる無限の想像はいつでも私を幼いころに戻してくれます。
色々なことに喜怒哀楽して、色々なことに共感して、色々なことに興味を持った小さいころみたいに新鮮な日々を過ごすためにも、
「初心忘るべからず」ならぬ「童心忘れるべからず」で過ごしていきたいと思います。

image2.jpeg

現在の私の棚。(何冊か出張中)
卒業までにはこの棚の中に「一番影響を受けた作品」が入っていることを期待していてください!
以上成田でした。
今後紹介されるゼミ生の「一番影響を受けた作品」に注目です!


プロフィール

中野ゼミ3期生

Author:中野ゼミ3期生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。